再見、上海。

とりあえず、ダンナ実家に戻っています。
戻った翌日からもちろん動いてますが、子供を両親に預けて行けたので助かりました。
でも毎日くたくたよ。
今日は午後から動きます。

さて。
上海を離れた日、たくさんのお友達が宿泊先まで見送りに来てくれました。
ほんとにどうもありがとう。
ダンナが言ってたけど、ホテルの人もびっくりしてたらしいよー。
「今日は泣かないように」と思ってたけどねー、ま、無理でした(笑)
幼稚園の送別会を開いてもらったあたりからもうね~、ダメダメ。
誰かに会えば涙腺緩むって感じでした。
あ~、私は人に恵まれた。ってしみじみとしましたわ。
それと、幼稚園にご挨拶に伺ったときもね、先生の言葉や子供達のけなげな姿に泣けた泣けた。
ほんまにいい幼稚園でしたわ。
これ以上の幼稚園を探すのは無理!!ほんまにそう思ってます。

そんないい話ばっかりかと思いきや、そこはやっぱりウチん家。
やっちまってます、いろいろと。

まず、ご存知おっぺけぺー長男
ホテルを出る直前にトイレに連れていったのですが、その時、ズボンの下にパジャマのズボンを履いたままだったことが判明。
って・・・・・・・なんで履いたまま・・・・・?

チェックインを済ませ、ラウンジにいたときのこと。
ダンナが呼び出されて行ったら、預けたスーツケース4つのうちの1つの鍵がはじけたって・・・
唯一のハードケースで、あんまり開けられたくないな~っていう物が入ってたんですよ。
なんていうか、「最後そこらへんにあるものをとりあえず入れた」っていう・・・(恥)
結局、ベビーカーとか入れる大きなビニールに入れて口を縛り、テープでぐるぐる巻きにされてました。
帰ってきて見たら、ロックナンバーが違っていたのに両サイドの鍵をかけていたのではじけちゃった模様。
はい、航空会社のせいではありません、うちのせいです!!

入国審査が終わって荷物を受け取り、チョロチョロする子供達を追い回しつつはじけた荷物を載せたカートを押して出口に向かう。
それを見ていた税関職員に「ご苦労様です・・・」って・・ど、同情?
そのおかげかどうか、ノーチェックで出られました。
本来ならば成田で申告書を提出していかなければいけないのに、出すの忘れて帰りました
月曜日に気づき、火曜日から出張に行ったダンナに出してきてもらいました。
あ~、なんというアホ・・。
ま、ダンナが成田に行く用事があったからよしとしよう。
そんなわけで、パパはまた出張中でーす。


そんなこんなで相変わらずな我が家です。
きっとずっとこんな感じなのでしょう。
在上海中は、多くの方々に大変お世話になりました。
ありがとうございました。
ほんのり温かい「思い出」として、いつまでも心の中で私を暖め続けてくれるでしょう。

時間を見つけて、諸手続について書きたいと思います。
[PR]

by cha-15 | 2007-09-13 11:01 | life

<< 追われる日々 追い込み! >>