「普通」を求めて

久しぶりに七浦路に行ってきました。
今回の目的はブーツ。
お友達が「え?これこっちで買ったん?!」とびっくりするぐらい普通のブーツを履いていたんで。
「普通」、全てにおいてこれ重要。
この一見どこにでもありそうな普通がここでは難しいのです。
例えばケーキのトッピングでプチトマト、とかもそうだし・・。
赤けりゃいいってもんじゃないでしょ~。
いい線までいってるけどツメが甘い!なんてことはしょっちゅうなわけで。
ブーツもしかり。
なんでこんな所にこんな金具つけたかな~?とか、なんでこんな刺繍が・・・とか。
これさえなければ普通なのに!と思うようなものがたーくさんっ。
そんなわけで、「普通」のものを探すのに一苦労。
七浦路では、お店がずらずらと並んでいる中から普通のものを見つけるのがまた大変なんですわ。
気合を入れて見るので疲れる;;;

今日は到着後すぐに靴を見たんだけど、まだお客さんが少ない時間帯だったからか、案内係というか客引きというか、とにかくぞろぞろぞろぞろついて来る・・・。
とりまき状態。
小走りで逃げても追いかけてくる。
あまりにもしつこくて、ちょっと気持ち悪くなってきて、退散しましたよ。
こういうのがまた疲れるんだ・・・。
とりあえず、洋服を売っているところに逃げて(?)、ブラブラ。
もう帰ろうか~となったお昼過ぎにもう一度靴を見に行きました。
そしたらあんまり客引きがいなかった。
お昼ごはん食べてたんじゃないかね?
とりあえず、朝イチ靴のエリアを見るのはもうしないと思う。
最初の30分が無駄になったし、その後もテンションが上がらなかったし。
あ~、疲れた~・・・。
[PR]

by cha-15 | 2006-11-28 23:09 | お出かけ

<< うまくいかない。 続・コラーゲン >>