来春の上海日本人学校

帰る人もいれば、来る人もいる。
現在、帰る人を来る人が上回っている状態が続いている上海。
家族帯同の駐在者は非常に多いです。
日本人学校は既にパンク状態で、来春には浦東校が開校。
現時点では、浦西在住者は既存の虹橋校に入れるようですが、この先転入する小学生は浦西に住んでいても浦東校に登校することになっているとか。
不動産屋さんは「古北や虹橋エリアから浦東校まで30分くらいです」と言うかもしれません。
が!!信じてはなりませぬ。
朝はすんごく混みますから!
シャトルバスで1時間はかかると思います。
これから来られる方は、その辺よ~くお考えの上、住居を決められた方がいいと思います。

中学校は浦東校に移るようです。
兄弟が中学生の場合、虹橋校に通っている小学生でも浦東校に移ってもいいという話。
もちろん浦東在住者は浦東校に移るでしょうが、圧倒的に浦西に住んでいる日本人が多いことを考えると、浦東校と虹橋校の振り分け方を決めるのは大変だったと思います。
まぁ万人が納得するような方法はないと思うので、今回の振り分け方がいいか悪いかは意見が分かれるところではあると思いますが。

そんなわけで、まだ当分増え続けるであろう日本人。
来春の浦東校開校によって、浦東在住日本人が増えるかもしれません。
もっと住みやすくなればいいんですけどね・・・。
[PR]

by cha-15 | 2005-11-12 00:37 | life

<< 決戦の日 カルフールにて >>